スタッフブログ

2019年01月28日 月曜日石窯パン くりや

今月はほとんど雨や雪が降らず、空気がヤバい位乾燥していますね。先日、静岡市の安倍川という一級河川の河口から約5,5kmの範囲で川の水が干上がり、水の流れが途切れるという「瀬切れ」のニュースをTVで見てビックリしました。

私は雨の日はあまり好きではありませんが、こうも雨が降らないと程よい雨や雪が降ってください、と空に願う今日この頃です。

 

そしてまた、どうでもいいけど気になるシリーズです。

ここ1,2か月、時~々、東武東上線「下赤塚」駅上空で、『あ”か”~、あ”か”~。』という鳴き声が聞こえます。多分カラスだと思うのですが、それが私にはどうしても『ばか~、ばか~。』と聞こえてしまうのです。私だけかと思っていたら、先日、踏切の所で女の子が「あのカラス、ばかって言ってるよ。」とお母さんに話している様子を見て、「私だけじゃなかった。」と思いながら『ばか~、ばか~。』と聞こえる澄んだ水色の空を見上げました。

・・・どうでもいい事なんですけれどね・・・。

 

さて、今回はパン屋さんです。東京メトロ「地下鉄赤塚」駅2番出口を出て、川越街道を成増方面に歩き、100円ローソンを左手に曲がり道なりを歩くと、光が丘パークタウンという大きな看板が見えます。その先にちょっと残念な光が丘ゆりの木商店街があります。

この辺りは築35年位の集合住宅が建ち並ぶ、光が丘の歴史が垣間見れる風景の1つです。

現在のHPでは築30年~築浅の3LDK中古マンションを主に掲載していますが、参考までに今回、2019年1月現在の光が丘パークタウンの物件情報を掲載しましたので、光が丘1丁目、赤塚新町3丁目中古マンションにて御覧くださいませ。

話がそれてしまいましたね。スミマセン。

東京メトロ「地下鉄赤塚」駅から徒歩約7分。商店街の端っこに、『石窯 くりや』というパン屋さんがあります。ここのパンはしっとりとやわらかくさっぱり食べられて旨いです♡私はコッペにはさんだコロッケパンが好きなのですが、売り切れて無いこともあります。店員さんは1人でレジ対応しているので話しかけると申し訳ないのでその時は黙って他のパンを買います。でも他のパンもおいしくて又通ってしまいます。

※注:土曜、日曜のお昼時は結構並んでいます。

 

そして話はちょっと強引ですが、カラス、ときてパン屋さん、といえば「からすのパン屋さん」という絵本があります。

その作者かこさとし(加古 里子)さんが2018年5月2日、92歳で他界されました。私はこの事を先月、本屋さんで「未来のだるまちゃんへ」という文庫本の帯の“追悼 かこさとしさん”という文字を見て知りました。早速購入し、一気に読んで、家の屋根裏にあった「からすのパン屋さん」を懐かしく読みかえしました。絵本だけでは知り得なかったかこさんの人生の一部を知る事ができてよかったです。ちなみに、かこさんは幼少期の一時期を板橋で過ごしたそうですよ。ちょっとですが、板橋繋がりですネ。

余談ですが、屋根裏にあった「ゴリラのパン屋さん」という絵本も読んで、再度気持ちがほっこりしました。

絵本って、いくつになっても読んでいい、子供だけでは勿体ない位いろいろ考えさせてくれる身近な、小さな芸術品だなぁ、と思わせて貰えた出来事でした。

参考文献:未来のだるまちゃんへ かこさとし著/(株)文藝春秋

からすのパン屋さん かこさとし作・絵/偕成社

ゴリラのパン屋さん 白井 三香子作・渡辺 あきお・絵/金の星社

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2019年01月07日 月曜日ひと本 石田屋

今年は、お正月からずっと凧揚げをしたら気持ちよさそうな冬晴れの日が続いていますね。又、年末年始は色々なカレンダーをめくりながら、「1月1日になったら平成31年なの?2019年なの?」とか、「あぁ、このカレンダーは12月まで平成31年になっているよ。」とか家族で話していた不思議なお正月でした。

そして、改めまして 2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、和・洋菓子屋さんです。東武東上線「上板橋」駅に行きます。駅南口を出て徒歩約1分。『ひと本 石田屋』さんがあります。

ここの ひと本 どら焼き は、かわがムチッとしていて、甘さ控えめのつぶ餡と栗がはいっていて、と~っても美味なのです。板橋区・練馬区では結構有名なお店で、このどら焼きを買いたいかたは出来るだけ開店時間めがけて購入しに行くことをお勧めします。

 

話は全然変わって、また私事を入力しちゃいます。先月、購入して2年になる家のTVが突然故障しました。後日修理してもらったのですが、その時「TVでもネットが繋がっていれば、You Tubeが観られるんですよ。」と言って修理の人はぱぱぱっと設定していってくれました。

夜、息子に、「TVでもYouTubeが観られるようになったよ。」と話すと、「あ~、これ、自分が観たいもの、観るでしょ、そうするとそれを記憶しておすすめのものが出てくるんだよ。」と教えてくれました。「ふ~ん。」でも、YouTubeに全く興味のなかった私の心の中は、サンドウィッチマンの富澤さんがCMで言っていた、まさにタイムリーな “ちょっと何言ってるか分かんないんだけど。” でした。「観た記録は消せないの?」と私が聞くと、「・・・消せないんじゃない?知らない。」「ふ~ん。」でも、私の心の中は、なんか悔しい。でした。そして、YouTubeに操られるものか。という思いがこみあげてきて、TVにチャンネルを変えました。(こんな事考えてるのは私だけ?)

それなのに、先日、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たあと、家に帰ってTVのYouTubeでQUEENのライブエイドの演奏を観て「同じだ~!!」と感動している私がいました。(苦笑)。

そしてここ最近よく考えるのは、自分は何者なのか、という事です。

AIとは何者なのか、ロボットとは何者なのか、社会とは何者なのか。でも、なんだか難しすぎて、またYouTubeで吉本新喜劇を観ながら、でもやっぱり、なんばグランド花月で、「そう簡単には笑わないぞ」的なお客さん達と共に観る方が楽しくていいよな~、と思いながらもゲラゲラ笑っている私がいました。

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年12月06日 木曜日赤塚バプテスト教会

いきなりですが、気になったので入力しちゃいます。前回に引き続きどうでもいいけど気になるシリーズです。

12日4日は東京都練馬区の最高気温が25度という夏日でした。昨夜旦那が忘年会で熱海から帰ってきて「熱海で蚊に刺された。」と言って薬を塗っていました。私はその様子を横で見ながら、小説や映画の『ジュラシックパーク』の蚊を連想し、又、今年の夏は猛暑であまり蚊がいなかった事を思い出しました。そして12月に現れる蚊って何者なんだ?と思いました。

どうでもいい事なんですけれどね・・・。

話は変わって、今月は聖夜にちなんで、赤塚バプテスト教会を紹介します。

東武東上線『下赤塚』駅北口から赤塚中央通りに出て交番を右手に曲がりバス通りをまっすぐ歩いて約10分。創立59年になるこの教会では12月24日18:00~キャンドルサービスがあるそうです。

キリスト教、というと私は聖書の「放蕩息子」というお話が好きです。あと、横浜の外国人墓地や、以前九州を旅した時、バスの車窓から見えた熊本県天草市の教会と十字架の墓地を思い出します。そして何故だか小学校の社会の時間に隣の男の子が熱心に教科書に落書きしていたフランシスコ・ザビエルを思い出してしまいます。(スミマセン)。

今では聖夜は、クリスマスプレゼントやクリスマスパーティと、もはや経済活動的わくわくイベントとして日本の独特の文化の日になりつつありますね。それはそれで楽しいのだけれど、ちょっと空虚でつまりは何だろう?と考えると鎮魂や森羅万象への感謝や祈りとお祭り等々に繋がり、どんな形であれ根底は万国共通なのだなぁ、と思います。

そしてクリスマスの次はお正月となる訳ですが、地球が太陽のまわりを約1周し、終わりから始まりへとまた繋がるんですねぇ。今年もあっという間でした。そういえば、今年の夏の宇宙の出来事といえば、火星が地球に接近した事がありましたね。

2018年夏の家路、月夜を仰ぐと吸い込まれるように大きく赤く光る夏日星(なつひぼし)は今でも印象に残る残像です。

江戸時代の人は不気味なほど赤い色をして人を惑わせるところから、熒星(ほのおぼし)とか、わざわい星とか呼んでいたそうです。又、明治時代の一時期は西郷星とも呼ばれたそうですよ。他、昔の世界各地の人々はこの星をどう思い、何と呼んでいたのでしょうね。

そして平成時代になる2018年11月27日、NASAは地球に大接近してきた火星に探査機『インサイト』を送り込みました。すごいなぁ。今後、科学的な未知への解明がどんどん進んでゆくといいですね!

参考文献:「宇ノ名前」 林 完次著 光琳社出版

 

(株)日生ハウジングの年末年始のお知らせです。

本年中の御愛顧に心より御礼を申し上げます。

2018年12月30日~2019年1月4日までお休みさせて頂きます。

来年度も引き続き不動産売買・賃貸につきましてお気軽にご相談くださいますよう、心よりお待ちしております。

 

2018年も色々な出来事がありましたが、それらを乗り越えて2019年が皆様にとりましてよりよい1年となりますように。

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年11月22日 木曜日石神井公園

前回のブログで東京都立石神井公園の紅葉について入力したので、今回はその後の進捗状況を入力します。

今年の夏から初秋にかけての猛暑や台風のせいか、11月にはいっても木々があまり色づいていませんでした。一部、紅葉している木もありますが、全体的には緑が多かったです。これから月末にかけて色づいてゆくのかな?どうかな?という感じです。う~ん。ちょっと残念。でもこればっかりは仕方ないですね。

11月にはいっても結構暖かい日が多かったのですが、昨日、本州の北部で今年はじめての雪が観測されました。いつもより遅い冬の到来です。今年の冬は暖かいのかな?すっごく寒いのかな?今のところは暖かい感じがするけれど、どんな冬になるのでしょうね。

この石神井公園に来ると、どうでもいい事なのですが、どうしても気になってしまう事があります。

石神井池や三宝寺池のまわりを歩いていると、石神井池に今にも沈んでしまいそうに生えている松の木がいて、毎回私は足を止めて1、2分この松と、池と、カモをじ~っと見てしまいます。・・・松、大丈夫かなぁ・・・と。

どうでもいい事なんですけれどね・・・。

松といえば、20年位前に松島に行った時、静かな海と、リアス式海岸と、大きな岩々と松の木と、電車がのどかに走っている風景を見て、地球や日本の時の流れを心静かに感じた事を思い出します。その後東日本大震災があり、一夜にして失われた松島の光景をTVで観た時は驚きで言葉が出ませんでした。あれから約7年という月日が経ちましたが、松島は元気かな?又、ふらっと行ってみよう、と思います。

岩手県陸前高田の奇跡の一本松も印象に残る松の木ですよね。でも、色々あるのでしょうが、今も1人(1本かな?)ぼっちでなんだか可哀相な気がします。(私だけ?)

日本は海に囲まれているので、なが~い目で海岸沿いに防風林として松をはじめ色々な海風や津波に強い木々を植林してあげて、葛飾北斎や歌川広重が描いたような風景ができるといいですね・・・。でも、人為的に造ると、スギ花粉のような事が起こってしまうのかな?

松は人間より長生きで、昔からお正月に使われる門松や、松竹梅と言われて身近にありますが、松脂は触るとかぶれてしまって嫌だけど、松脂がないとバイオリンの音は出ないし、松って本当に地球や自然や人間や、日本人と関わりの深~い木ですね。

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年10月28日 日曜日旧内田住宅(区立池淵史跡公園内)

今年の夏、義兄が新築したので主人と2人でお祝いがてら遊びに行きました。

お家を一通り拝見してリビングに行くと、ダイニングテーブルが対面キッチンの腰壁に接置してあり、その腰壁には『アレクサ』が小さな時計のように設置されていました。そして『アレクサ』は義兄の声での「アレクサ」との呼びかけにきちんと反応をするのです。びっくり。たとえば「アレクサ、扇風機つけて。」と義兄が話しかけると、「はい。わかりました。」とちゃんと答えて扇風機が作動し始めます。そして、「アレクサ、扇風機とめて。」「はい。わかりました。」・・・おぉ~!!凄い。

7年位前、車のカーナビも音声対応し始めた頃、主人がカーナビに目的地設定の時に「ニトリ」と言ったのですが、「・・・・日暮里ですね。」と答え、カーナビはたたみかけるように日暮里への経路へ話をすすめだしたので慌てて「違う、違う!!」と手動でキャンセルし、今度は小学生だった息子が再チャレンジしたのですがまたもや「日暮里」。何度か試しましたが、ついに家族で「だめだこりゃ。」と笑っていた事がありました。あれから随分おりこうさんになったなぁ、AI。

1つ1つの対応できる家電等へのセッティングを最初にしなくてはならなかったり、コンセントを抜いてしまったり、停電の時は使えなくなってしまうけれど、少しずつAIも人間もお互いに便利な、良いイメージの方向へ進化してゆくとよいですね。

私の記憶の中のAIとAIに関わる人間に対するあまり良くないイメージといえば、スティーブンスピルバーグ監督の『AI』というSF映画がありましたっけ。あれから17年程経ちましたが、あと7年位後にまた観てみようかな、と思います。

ここ数年の時代の変化の速さについてゆくことにちょっぴり疲れたら、(若い人にはそんな事はないのかな?)過去の人達が作ったものをいろいろ見て考える事もたまにはいいですよ。西武池袋線『石神井公園』駅より徒歩15分。都立石神井公園のそばにある、区立池淵史跡公園内にある、旧内田住宅を紹介します。

若い人達にはこの家がどのように見えるか、感じられるか分かりませんが、私には母かたの亡き祖父母の家とちょっと似ていてとても懐かしく感じる場所の1つです。便利な生活もいいけれど、たまには昔の生活の知恵や当時の建築様式や間取りを見ては如何でしょう?

石神井公園も徐々に木々が紅葉しはじめています。11月頃にはきっと紅葉も綺麗にみられますよ。

・・・板橋不動産さんのつぶやきでした。

ページトップへ