スタッフブログ

2018年10月07日 日曜日残念な秋

10月のある日、ブログを入力するにあたり赤塚にある板橋区立美術館へ自転車に乗って行きました。すると、改修工事中ではありませんか。あ~ぁ。残念・・・と思いながら乗蓮寺に寄って、そのすぐそばにある、赤塚植物園の中を歩きました。

赤塚植物園は、東武東上線「下赤塚」駅北口より徒歩約20分。ちょっとした庭園風の植物園です。よく、でっかいガラスケースのような中に熱帯系の植物とかがいる植物園がありますが、私は日本の風土の中でこうして植物たちが静かに生きている感じのほうが好きです。花と緑の相談室もあるので、植物についての相談もできますよ。

そして、ベンチに座って一息。久々の秋晴れです。今年の初秋と中秋も含め、ここ数年の秋はすがすがしい晴れの日が少ないですね・・・これまた残念。

残念続きで思い出しました。今年の4月、私が小腸の一部を摘出する手術を受ける前に、上野動物園へ香香(シャンシャン)<いい名前ですね♡>に会いに、何も調べず呑気にデパ地下でお弁当を買って午前11時頃行ったのですがもっともっと朝早くから並ばないと会えない、と警備員さんに教えてもらい、残念だった事!!

あ~ぁ。残念・・・と公園でお弁当を食べてお散歩がてら歩いていたら、国立科学博物館で「神秘への挑戦 人体」という特別展が開催されていて、そこへ吸い込まれるように入っていきました。そこで見たレオナルド ダ ヴィンチの内臓についてのスケッチや文字が描かれたものが凄く、凄く美しかったです。特に目を見張ったのが血管です。きっと実際は生臭い臓器だと思うのですが、ダヴィンチの描く臓器をまとう血管はまるで植物の根のようで、動物も植物も何かしら繋がっているのではないかしら、と色々考えてしまいました。

余談ですがその後、私は手術をしまして、術後、主人と息子は虫ピンで標本のようになって摘出された小腸の一部と共にO先生より説明を受けたそうです。(O先生、S先生、その節は有難うございました。)彼らによると、まさに焼肉にでてくる「ホルモン」だったそうで、しばらく「焼肉はいい。」状態だったそうです。(苦笑)。スミマセン。

久々の青い空とまだ紅葉には早い木々の葉を見上げながら、今年の晩秋こそは晴れの日が多いといいなぁ。。。そして、香香が中国へ行ってしまう前に1度は会いに行こう。と思った残念な秋のひとときでした。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年09月20日 木曜日雪華堂

今回は赤塚から少し離れて東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台」駅周辺について入力します。駅から陸上に出ると、東京都道311号環状八号線と国道254号線(川越街道)との交差部として立体交差の建設工事が行われている光景が広がります。現場は結構地面を掘削していてすごいです。(注:危ないので離れて見ましょう)地名にも「台」とついているからして、きっと地盤が固いのでしょうね。

地盤といえば、今月の6日には平成30年北海道胆振東部地震が発生し、清田区里塚地区では地震による地盤の液状化により、平坦だったアスファルトで造られた道路がぐにゃりと波のように陥没していましたね。びっくり。自分の中での知識や、数年前に子供と気象庁に見学に行った時、液状化の原理や模型を見ていた事を思い出しました。原理は解っていても、実際にその場所の上にいたら恐いし、頭の中が真っ白になっちゃうよなぁ・・・そんな事を思いつつ、もう少しパッと見やすくならないかなぁ・・・(すみません)等と思いながら、沢山ある国土交通省や地方自治体のハザードマップをぼんやり見ている自分がいました。

それでも地球が廻り続ける限り、経済社会の中に生きる人間は、破壊と創造を繰り返してゴミを出しながら日々勉強し、日々少しずつ進化し生きてゆくのですね・・・。便利な世界の反面、本当に厳しいなぁ。

破壊して創造する、といえば、2次元の設計図から3次元のモノを造る日本の土木や建築の現場は近年3Kと言われていたり少子化による人手不足で、アジア圏から出稼ぎに日本に来て働いている若い人が多くみられるのが現状です。こうして働いている人達の作業服がもっと機能面で進化したり(MARVEL映画にあった、アメコミのアイアンマンのトニースタークが作ったスパイダーマンのスーツみたいな機能性が一部あるとすごいなぁ・・・なんちゃって。)、クレーン車やロボットも機能的に色々ともっと進化してゆくといいですね・・・・。

そして、平和台の新しくできた道路(まだ未開通です)から目をそらすと、和菓子屋さんがあります。東京メトロ「平和台」駅1番出口より徒歩約3分弱。『雪華堂』さんです。港区赤坂や、氷川台、江古田、千川、高野台、江原町等々、練馬の色々な街にある和菓子屋さんです。

十五夜も近い今日この頃なのに、秋雨前線や局地的豪雨で月夜が見られない日が多くて残念ですが、このお店の『お月見どらやき』(季節限定商品。栗入りです♡)と共にあったか~いお茶をいれて(個人的には『うおがし銘茶』の『これ』がおすすめです)、本でも読みながらお家でまったりと秋の夜長を過ごしてみては如何でしょう?

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年08月30日 木曜日麺や河野

数十年前、伊丹十三監督の「タンポポ」という映画がありました。あのあと海外にも寿司をはじめとして日本の食文化が普及しだしました。そんな当時私は海外の旅先で一度だけ、「木久蔵ラーメン」のお店に出会い、アジア人として、日本人として器用に箸を使って欧米人のお客さん達と共にラーメンを食べられたことに嬉しさを感じられた事を覚えています。

でも、先日Wikipedia(ウィキペディア)で「木久蔵ラーメン」の逸話を読んで、林家木久扇さんのラーメン愛が掻き消されてしまうほどの自虐的なボケっぷりはある意味凄いなぁ・・・と思ってしまいました。

ボケる、と言えば話はすごく私的な記憶に飛びますが(またまたすみません)、十数年前、前職場でお寺の改修工事の件で施主様(年配の奥様)と設計のかたと住宅設備の選定の打ち合わせをしました。女性の施主様とのシステムキッチンの打ち合わせともなると、使い勝手とかご希望がある前提で、ご要望と家の構造に合う商品を紹介し、選んでいく流れになるのですが、紹介する商品に対し、見事といわんばかりのモノボケをされる施主様で、お寺のかた、と思いつつも(一体このおばあちゃまは何者なんだ???)と思いながら接客したことを思い出しました。

後日、営業担当のかたよりモノボケをされていた施主様は5代目三遊亭圓楽さんのお母様であることを教えてもらって、あぁ、そういえば面影がちょっと似ていたな、そしてしみじみと凄い女性(ひと)だったな、とふと思いました。今更ですが、接客時もっとツッコミをいれたらよかったかな。と反省してます。

・・・話をラーメンに戻しましょう。東武東上線『下赤塚』駅南口を出て川越街道の成増・川越方面へまっすぐ徒歩約7分、もしくは東京メトロ有楽町線・副都心線『地下鉄赤塚』駅1番出口を出て徒歩約1分。

中村橋より移転してきて間もない『麺や河野』さんがあります。今回私が食べたのは醤油味玉らーめん。「和」を感じられるキレのある醤油スープとテュルテュルしたちぢれ麺が美味しかったです!!

夕方いくと終了してしまっている事があるのでお昼に行く事をお勧めします。PM12:00頃~15:00頃板橋区赤塚近辺にお立ち寄りの際には一度、食べに行ってみてくださいね。

日本のラーメンって、本っ当に奥深い食べ物ですよね・・・。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年08月02日 木曜日とんかつのなみま

先月の中旬は高温注意報がでたり、下旬には台風12号がめずらしいルートで日本を縦断しましたね。そして8月にはいった今日も焼けるような暑さで、外は太陽光付の岩盤浴ならぬアスファルト浴をしているようです。

そんな暑~い夏にスタミナをつけたいかたへ、『とんかつの~』という名前なのですが、チキンカツが美味しいお店を紹介します。東武東上線「下赤塚」駅南口を出て左手にある赤塚中央通りを川越街道に向かって徒歩約1分弱。『とんかつのなみま』さんがあります。

なみまさんの作るチキンカツは鶏肉がジューシーで、タルタルソースとの絡みが絶妙で、ぺろっと食べれちゃうおいしさです。チキンカツ1枚のセットや2枚のセット等々、選べます。又、チキンカツの他にも色々メニューがあり、テイクアウトも出来ます。

この暑さを乗り切るため、体の調子と相談しながらたまにはガツンと食べてみてください♪

そしていきなり台風12号の真っ只中の時の私の話をさせいただきます。(読まれないかもしれないけれど、この場を借りて謝りたくて入力しちゃいます。すみません。)東京に上陸した7月27日の夕方、家にいるとインターフォンが鳴りました。某宅急便の女性配達員さんでした。その時「あっ。」と思ったのですが、注文していながら荷受け側として非常に心苦しかったです。荷受けの日を変更依頼しておけばよかった・・・と。玄関ドアを閉めながら、配達員さんの後ろ姿を見て、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という詩のどこかに、<アマリガンバリスギズ、キヲツケテクダサイ。>と付加してしまいたくなりましたよ。

今ではなくてはならない物流システムですが、災害時等、色々大変そうですよね・・・。息子は学校の授業の一環で見学に行っており、お母さんも行った方がいいよ、と言われていた、羽田クロノゲートへ見学しに行こうかな、とふと思いました。(注:羽田クロノゲートは要予約です。)そして、物流の現場で働いている人達に改めて感謝した2018年の夏の出来事でした。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

夏季休業のお知らせです。

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら弊社では以下の期間中を休業させていただきます。

休業期間 平成30年8月13日(月曜日)~平成30年8月17日(金曜日)

予めご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

2018年07月07日 土曜日iL-CHIANTI

ここ数日、TVのニュースを見ていると、線状降水帯やら、梅雨前線やら、台風の接近やらで大雨が降り、日本列島の各地で大きな被害をもたらしていますね。地球は容赦ないですね・・・。本当に厳しい。そして、2018年6月末日から今日までの東京都板橋区・練馬区は風の強い日が多く感じられます。

この風に吹かれながら、この空気(気体)の塊(かたまり)は、地球の何処を吹いてやってきたのかな、と思ってにおいをくんくん嗅いだりしませんか?(私だけ?)又、除湿器でとれた水を捨てる時、空気中にこんなにあったの??とびっくりして無色透明の気体を二度見したりしませんか?(私だけ?)

空気つながりで、その場の空気を読む、とかKY(ケーワイ)という言葉をよく耳にした時期もありましたっけ・・・。併せて童話の裸の王様というお話を連想したりもしました。21世紀になっても、いろいろ考えさせられるお話です。

さて、話はがらっと変わって今回はイタメシ屋さんです。(今はイタリアンといいますね。)

東武東上線「下赤塚」駅 南口より徒歩約5分。もしくは東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚」駅4番出口より徒歩約2分。

11:30AMのOPEN前にはよく何人か人が待っている、イタリアン食堂 iL-CHIANTI(イル・キャンティ)。

私は以前(10年位前まで)は笹塚のお店に行っていましたが、下赤塚店(でも住所は練馬区田柄です)で食べたカリブのサラダは笹塚店と一緒で、これ、これ、と嬉しかった事を覚えています。キャンティのイタリアンシーフード料理やPESCEVINO(ペッシェヴィーノ)というお魚の形のワインボトル(ドレッシング入り)から、LE GRANDBLEU(グラン・ブルー)やPOINT BREAK(ハートブルー)という映画のワンシーンを時々回想します。そして昔のバブル期の空気感と当時の日本や海外の海の潮風の空気感を思い出します。あぁ、懐かしい。

今の時代の空気感はどんな空気感なのでしょう?数年経ったらまた感じられるのかな?

『空気』って、色々な意味で不思議な言葉ですね。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

Page 1 of 8412345102030...Last »

ページトップへ