スタッフブログ

2018年12月06日 木曜日赤塚バプテスト教会

いきなりですが、気になったので入力しちゃいます。前回に引き続きどうでもいいけど気になるシリーズです。

12日4日は東京都練馬区の最高気温が25度という夏日でした。昨夜旦那が忘年会で熱海から帰ってきて「熱海で蚊に刺された。」と言って薬を塗っていました。私はその様子を横で見ながら、小説や映画の『ジュラシックパーク』の蚊を連想し、又、今年の夏は猛暑であまり蚊がいなかった事を思い出しました。そして12月に現れる蚊って何者なんだ?と思いました。

どうでもいい事なんですけれどね・・・。

話は変わって、今月は聖夜にちなんで、赤塚バプテスト教会を紹介します。

東武東上線『下赤塚』駅北口から赤塚中央通りに出て交番を右手に曲がりバス通りをまっすぐ歩いて約10分。創立59年になるこの教会では12月24日18:00~キャンドルサービスがあるそうです。

キリスト教、というと私は聖書の「放蕩息子」というお話が好きです。あと、横浜の外国人墓地や、以前九州を旅した時、バスの車窓から見えた熊本県天草市の教会と十字架の墓地を思い出します。そして何故だか小学校の社会の時間に隣の男の子が熱心に教科書に落書きしていたフランシスコ・ザビエルを思い出してしまいます。(スミマセン)。

今では聖夜は、クリスマスプレゼントやクリスマスパーティと、もはや経済活動的わくわくイベントとして日本の独特の文化の日になりつつありますね。それはそれで楽しいのだけれど、ちょっと空虚でつまりは何だろう?と考えると鎮魂や森羅万象への感謝や祈りとお祭り等々に繋がり、どんな形であれ根底は万国共通なのだなぁ、と思います。

そしてクリスマスの次はお正月となる訳ですが、地球が太陽のまわりを約1周し、終わりから始まりへとまた繋がるんですねぇ。今年もあっという間でした。そういえば、今年の夏の宇宙の出来事といえば、火星が地球に接近した事がありましたね。

2018年夏の家路、月夜を仰ぐと吸い込まれるように大きく赤く光る夏日星(なつひぼし)は今でも印象に残る残像です。

江戸時代の人は不気味なほど赤い色をして人を惑わせるところから、熒星(ほのおぼし)とか、わざわい星とか呼んでいたそうです。又、明治時代の一時期は西郷星とも呼ばれたそうですよ。他、昔の世界各地の人々はこの星をどう思い、何と呼んでいたのでしょうね。

そして平成時代になる2018年11月27日、NASAは地球に大接近してきた火星に探査機『インサイト』を送り込みました。すごいなぁ。今後、科学的な未知への解明がどんどん進んでゆくといいですね!

参考文献:「宇ノ名前」 林 完次著 光琳社出版

 

(株)日生ハウジングの年末年始のお知らせです。

本年中の御愛顧に心より御礼を申し上げます。

2018年12月30日~2019年1月4日までお休みさせて頂きます。

来年度も引き続き不動産売買・賃貸につきましてお気軽にご相談くださいますよう、心よりお待ちしております。

 

2018年も色々な出来事がありましたが、それらを乗り越えて2019年が皆様にとりましてよりよい1年となりますように。

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年11月22日 木曜日石神井公園

前回のブログで東京都立石神井公園の紅葉について入力したので、今回はその後の進捗状況を入力します。

今年の夏から初秋にかけての猛暑や台風のせいか、11月にはいっても木々があまり色づいていませんでした。一部、紅葉している木もありますが、全体的には緑が多かったです。これから月末にかけて色づいてゆくのかな?どうかな?という感じです。う~ん。ちょっと残念。でもこればっかりは仕方ないですね。

11月にはいっても結構暖かい日が多かったのですが、昨日、本州の北部で今年はじめての雪が観測されました。いつもより遅い冬の到来です。今年の冬は暖かいのかな?すっごく寒いのかな?今のところは暖かい感じがするけれど、どんな冬になるのでしょうね。

この石神井公園に来ると、どうでもいい事なのですが、どうしても気になってしまう事があります。

石神井池や三宝寺池のまわりを歩いていると、石神井池に今にも沈んでしまいそうに生えている松の木がいて、毎回私は足を止めて1、2分この松と、池と、カモをじ~っと見てしまいます。・・・松、大丈夫かなぁ・・・と。

どうでもいい事なんですけれどね・・・。

松といえば、20年位前に松島に行った時、静かな海と、リアス式海岸と、大きな岩々と松の木と、電車がのどかに走っている風景を見て、地球や日本の時の流れを心静かに感じた事を思い出します。その後東日本大震災があり、一夜にして失われた松島の光景をTVで観た時は驚きで言葉が出ませんでした。あれから約7年という月日が経ちましたが、松島は元気かな?又、ふらっと行ってみよう、と思います。

岩手県陸前高田の奇跡の一本松も印象に残る松の木ですよね。でも、色々あるのでしょうが、今も1人(1本かな?)ぼっちでなんだか可哀相な気がします。(私だけ?)

日本は海に囲まれているので、なが~い目で海岸沿いに防風林として松をはじめ色々な海風や津波に強い木々を植林してあげて、葛飾北斎や歌川広重が描いたような風景ができるといいですね・・・。でも、人為的に造ると、スギ花粉のような事が起こってしまうのかな?

松は人間より長生きで、昔からお正月に使われる門松や、松竹梅と言われて身近にありますが、松脂は触るとかぶれてしまって嫌だけど、松脂がないとバイオリンの音は出ないし、松って本当に地球や自然や人間や、日本人と関わりの深~い木ですね。

・・・板橋不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年10月28日 日曜日旧内田住宅(区立池淵史跡公園内)

今年の夏、義兄が新築したので主人と2人でお祝いがてら遊びに行きました。

お家を一通り拝見してリビングに行くと、ダイニングテーブルが対面キッチンの腰壁に接置してあり、その腰壁には『アレクサ』が小さな時計のように設置されていました。そして『アレクサ』は義兄の声での「アレクサ」との呼びかけにきちんと反応をするのです。びっくり。たとえば「アレクサ、扇風機つけて。」と義兄が話しかけると、「はい。わかりました。」とちゃんと答えて扇風機が作動し始めます。そして、「アレクサ、扇風機とめて。」「はい。わかりました。」・・・おぉ~!!凄い。

7年位前、車のカーナビも音声対応し始めた頃、主人がカーナビに目的地設定の時に「ニトリ」と言ったのですが、「・・・・日暮里ですね。」と答え、カーナビはたたみかけるように日暮里への経路へ話をすすめだしたので慌てて「違う、違う!!」と手動でキャンセルし、今度は小学生だった息子が再チャレンジしたのですがまたもや「日暮里」。何度か試しましたが、ついに家族で「だめだこりゃ。」と笑っていた事がありました。あれから随分おりこうさんになったなぁ、AI。

1つ1つの対応できる家電等へのセッティングを最初にしなくてはならなかったり、コンセントを抜いてしまったり、停電の時は使えなくなってしまうけれど、少しずつAIも人間もお互いに便利な、良いイメージの方向へ進化してゆくとよいですね。

私の記憶の中のAIとAIに関わる人間に対するあまり良くないイメージといえば、スティーブンスピルバーグ監督の『AI』というSF映画がありましたっけ。あれから17年程経ちましたが、あと7年位後にまた観てみようかな、と思います。

ここ数年の時代の変化の速さについてゆくことにちょっぴり疲れたら、(若い人にはそんな事はないのかな?)過去の人達が作ったものをいろいろ見て考える事もたまにはいいですよ。西武池袋線『石神井公園』駅より徒歩15分。都立石神井公園のそばにある、区立池淵史跡公園内にある、旧内田住宅を紹介します。

若い人達にはこの家がどのように見えるか、感じられるか分かりませんが、私には母かたの亡き祖父母の家とちょっと似ていてとても懐かしく感じる場所の1つです。便利な生活もいいけれど、たまには昔の生活の知恵や当時の建築様式や間取りを見ては如何でしょう?

石神井公園も徐々に木々が紅葉しはじめています。11月頃にはきっと紅葉も綺麗にみられますよ。

・・・板橋不動産さんのつぶやきでした。

2018年10月07日 日曜日残念な秋

10月のある日、ブログを入力するにあたり赤塚にある板橋区立美術館へ自転車に乗って行きました。すると、改修工事中ではありませんか。あ~ぁ。残念・・・と思いながら乗蓮寺に寄って、そのすぐそばにある、赤塚植物園の中を歩きました。

赤塚植物園は、東武東上線「下赤塚」駅北口より徒歩約20分。ちょっとした庭園風の植物園です。よく、でっかいガラスケースのような中に熱帯系の植物とかがいる植物園がありますが、私は日本の風土の中でこうして植物たちが静かに生きている感じのほうが好きです。花と緑の相談室もあるので、植物についての相談もできますよ。

そして、ベンチに座って一息。久々の秋晴れです。今年の初秋と中秋も含め、ここ数年の秋はすがすがしい晴れの日が少ないですね・・・これまた残念。

残念続きで思い出しました。今年の4月、私が小腸の一部を摘出する手術を受ける前に、上野動物園へ香香(シャンシャン)<いい名前ですね♡>に会いに、何も調べず呑気にデパ地下でお弁当を買って午前11時頃行ったのですがもっともっと朝早くから並ばないと会えない、と警備員さんに教えてもらい、残念だった事!!

あ~ぁ。残念・・・と公園でお弁当を食べてお散歩がてら歩いていたら、国立科学博物館で「神秘への挑戦 人体」という特別展が開催されていて、そこへ吸い込まれるように入っていきました。そこで見たレオナルド ダ ヴィンチの内臓についてのスケッチや文字が描かれたものが凄く、凄く美しかったです。特に目を見張ったのが血管です。きっと実際は生臭い臓器だと思うのですが、ダヴィンチの描く臓器をまとう血管はまるで植物の根のようで、動物も植物も何かしら繋がっているのではないかしら、と色々考えてしまいました。

余談ですがその後、私は手術をしまして、術後、主人と息子は虫ピンで標本のようになって摘出された小腸の一部と共にO先生より説明を受けたそうです。(O先生、S先生、その節は有難うございました。)彼らによると、まさに焼肉にでてくる「ホルモン」だったそうで、しばらく「焼肉はいい。」状態だったそうです。(苦笑)。スミマセン。

久々の青い空とまだ紅葉には早い木々の葉を見上げながら、今年の晩秋こそは晴れの日が多いといいなぁ。。。そして、香香が中国へ行ってしまう前に1度は会いに行こう。と思った残念な秋のひとときでした。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

2018年09月20日 木曜日雪華堂

今回は赤塚から少し離れて東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台」駅周辺について入力します。駅から陸上に出ると、東京都道311号環状八号線と国道254号線(川越街道)との交差部として立体交差の建設工事が行われている光景が広がります。現場は結構地面を掘削していてすごいです。(注:危ないので離れて見ましょう)地名にも「台」とついているからして、きっと地盤が固いのでしょうね。

地盤といえば、今月の6日には平成30年北海道胆振東部地震が発生し、清田区里塚地区では地震による地盤の液状化により、平坦だったアスファルトで造られた道路がぐにゃりと波のように陥没していましたね。びっくり。自分の中での知識や、数年前に子供と気象庁に見学に行った時、液状化の原理や模型を見ていた事を思い出しました。原理は解っていても、実際にその場所の上にいたら恐いし、頭の中が真っ白になっちゃうよなぁ・・・そんな事を思いつつ、もう少しパッと見やすくならないかなぁ・・・(すみません)等と思いながら、沢山ある国土交通省や地方自治体のハザードマップをぼんやり見ている自分がいました。

それでも地球が廻り続ける限り、経済社会の中に生きる人間は、破壊と創造を繰り返してゴミを出しながら日々勉強し、日々少しずつ進化し生きてゆくのですね・・・。便利な世界の反面、本当に厳しいなぁ。

破壊して創造する、といえば、2次元の設計図から3次元のモノを造る日本の土木や建築の現場は近年3Kと言われていたり少子化による人手不足で、アジア圏から出稼ぎに日本に来て働いている若い人が多くみられるのが現状です。こうして働いている人達の作業服がもっと機能面で進化したり(MARVEL映画にあった、アメコミのアイアンマンのトニースタークが作ったスパイダーマンのスーツみたいな機能性が一部あるとすごいなぁ・・・なんちゃって。)、クレーン車やロボットも機能的に色々ともっと進化してゆくといいですね・・・・。

そして、平和台の新しくできた道路(まだ未開通です)から目をそらすと、和菓子屋さんがあります。東京メトロ「平和台」駅1番出口より徒歩約3分弱。『雪華堂』さんです。港区赤坂や、氷川台、江古田、千川、高野台、江原町等々、練馬の色々な街にある和菓子屋さんです。

十五夜も近い今日この頃なのに、秋雨前線や局地的豪雨で月夜が見られない日が多くて残念ですが、このお店の『お月見どらやき』(季節限定商品。栗入りです♡)と共にあったか~いお茶をいれて(個人的には『うおがし銘茶』の『これ』がおすすめです)、本でも読みながらお家でまったりと秋の夜長を過ごしてみては如何でしょう?

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

Page 1 of 8512345102030...Last »

ページトップへ