スタッフブログ

2019年07月04日 木曜日竹の子公園

先月18日夜、新潟県と山形県では震度6の地震が起こり、その後屋根瓦が落ちてしまっている家屋に雨が降り、ブルーシートをかけている人々の映像をTVのニュースで見ました。

又、7月2日、3日と九州地方(特に鹿児島県や熊本県)では大雨が降りましたね・・・その雨雲が現在、東京上空にきていて、窓を見ると外は雨がザーザー降っています・・・。

被災されたり、避難されている方々の安全と復興を心よりお祈りいたします。

地球は水の惑星と言い、美しいけれど、地球の自然は本当に怖くもありますね・・・。

 

そして今回は板橋区立美術館から坂道を上った徒歩5分位の場所にある、竹の子公園に行きました。公園にしてはちょっと大人っぽくて、公園のベンチには高齢の方が座っておしゃべりをしていました。そしてちょっとした竹林を歩きながら、もう少し美術館に近くて竹林を見ながらお茶が飲めるお店とかあるといいのにな・・・と思ってしまいました。

ここはあえて行くまでのスポットではありませんが、これからの季節たまにこうした竹林にはいると何とも言えない清涼感を感じられて心地よく、竹林、オススメです♡余談ですがパンダを見ると癒されるのは竹にも関係があるのかな?どうでもいいけれど小路を歩きながら思いました。

個人的にあえて行っていた竹林では、鎌倉の報国寺があります。竹に落書きされているのを見て以来、ここ数十年行かなくなってしまいましたが、以前は突然行きたくなると時間をみては1人電車に乗ってふらっと行き、ぼ~っと竹林の中を歩いたりお茶を飲んだりしながら、幼い頃の春先、母方の亡き祖父母の家の裏の手入れされた竹林にはいり、竹の子の芽を踏まないように祖父の黒い長靴を目で追いながら跡を追うように歩き、竹の子堀りをしたことを思い出していました。

 

竹、といえば、香港では建築の足場として竹を使っているそうですね。今もそうなのかな?香港の職人さん、凄いですよね。

香港は地盤が固くて地震が起こらない場所なのだそうで、高層ビルがにょきにょきとそびえ立っています。そんな高層ビル群の近くにある香港の空港は、世界で一番飛行機の操縦技術が難しい、と言われていて、当時3歳だった息子をひざの上に座らせていると、「離着陸時、お子さんはきちんと一人で座席に座らせてシートベルトをしてください。」というニュアンスの英語で厳しくスチュワーデスさんに注意されたことを思い出します。

その後、ヴィクトリア・ピークからの香港の風景を見て、香港の建築技術と航空技術はすごいなぁ。と改めて思いましたっけ・・・。

 

そしてまたどうでもいいのですが・・・。

先日、練馬の交差点で信号待ちをしていると、大学生位の男子4人が同じく信号待ちをしていました。彼らは頭の先から足元まで、Justin Bieber(ジャスティン ビーバー)みたいな格好でお洒落にきめていました。おいおい、ここは練馬だぞ、と思いながらも、そういえば一昔前の私達の世代はDCブランドが流行し、皆お洒落していたなぁ・・・イマドキの子(それも男子)達はこういう格好なんだなぁ・・・と見ていると、口にした言葉は(多分)中国語だったのです。そして、その話の間に、「クチクサイヨ~」とか、「オマエノナマエ、クチクサイネ~」という日本語を言って笑いながらじゃれあっていました。それを聞いた私は、誰がそんな日本語を教えたんだ?と、思わず笑ってしまいました。

すると、1人の男の子が私に近づいてきて何か話しかけたそうでしたが、多分、自分の気持ちにあたる日本語が出てこなかったのでしょう。彼は私に「ガンバレヨ。」と言いました。私は笑いながら、「おぅ。」と言いました。彼は「。。。オウ。。。」と言いました。

そして信号は青になり私は自転車で走り出しながら、・・・そうだなぁ。私なりにがんばろう・・・。と思ってしまいました。

・・・どうでもいいんですけれどね・・・。

・・・話を本題に戻して〆ましょう。もし、板橋区大門付近に来たら、竹の子公園、ふらっと寄ってみてくださいね。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

文と写真/原田 真利

 

ページトップへ