スタッフブログ

2018年10月28日 日曜日旧内田住宅(区立池淵史跡公園内)

今年の夏、義兄が新築したので主人と2人でお祝いがてら遊びに行きました。

お家を一通り拝見してリビングに行くと、ダイニングテーブルが対面キッチンの腰壁に接置してあり、その腰壁には『アレクサ』が小さな時計のように設置されていました。そして『アレクサ』は義兄の声での「アレクサ」との呼びかけにきちんと反応をするのです。びっくり。たとえば「アレクサ、扇風機つけて。」と義兄が話しかけると、「はい。わかりました。」とちゃんと答えて扇風機が作動し始めます。そして、「アレクサ、扇風機とめて。」「はい。わかりました。」・・・おぉ~!!凄い。

7年位前、車のカーナビも音声対応し始めた頃、主人がカーナビに目的地設定の時に「ニトリ」と言ったのですが、「・・・・日暮里ですね。」と答え、カーナビはたたみかけるように日暮里への経路へ話をすすめだしたので慌てて「違う、違う!!」と手動でキャンセルし、今度は小学生だった息子が再チャレンジしたのですがまたもや「日暮里」。何度か試しましたが、ついに家族で「だめだこりゃ。」と笑っていた事がありました。あれから随分おりこうさんになったなぁ、AI。

1つ1つの対応できる家電等へのセッティングを最初にしなくてはならなかったり、コンセントを抜いてしまったり、停電の時は使えなくなってしまうけれど、少しずつAIも人間もお互いに便利な、良いイメージの方向へ進化してゆくとよいですね。

私の記憶の中のAIとAIに関わる人間に対するあまり良くないイメージといえば、スティーブンスピルバーグ監督の『AI』というSF映画がありましたっけ。あれから17年程経ちましたが、あと7年位後にまた観てみようかな、と思います。

ここ数年の時代の変化の速さについてゆくことにちょっぴり疲れたら、(若い人にはそんな事はないのかな?)過去の人達が作ったものをいろいろ見て考える事もたまにはいいですよ。西武池袋線『石神井公園』駅より徒歩15分。都立石神井公園のそばにある、区立池淵史跡公園内にある、旧内田住宅を紹介します。

若い人達にはこの家がどのように見えるか、感じられるか分かりませんが、私には母かたの亡き祖父母の家とちょっと似ていてとても懐かしく感じる場所の1つです。便利な生活もいいけれど、たまには昔の生活の知恵や当時の建築様式や間取りを見ては如何でしょう?

石神井公園も徐々に木々が紅葉しはじめています。11月頃にはきっと紅葉も綺麗にみられますよ。

・・・板橋不動産さんのつぶやきでした。

ページトップへ