スタッフブログ

2018年07月07日 土曜日iL-CHIANTI

ここ数日、TVのニュースを見ていると、線状降水帯やら、梅雨前線やら、台風の接近やらで大雨が降り、日本列島の各地で大きな被害をもたらしていますね。地球は容赦ないですね・・・。本当に厳しい。そして、2018年6月末日から今日までの東京都板橋区・練馬区は風の強い日が多く感じられます。

この風に吹かれながら、この空気(気体)の塊(かたまり)は、地球の何処を吹いてやってきたのかな、と思ってにおいをくんくん嗅いだりしませんか?(私だけ?)又、除湿器でとれた水を捨てる時、空気中にこんなにあったの??とびっくりして無色透明の気体を二度見したりしませんか?(私だけ?)

空気つながりで、その場の空気を読む、とかKY(ケーワイ)という言葉をよく耳にした時期もありましたっけ・・・。併せて童話の裸の王様というお話を連想したりもしました。21世紀になっても、いろいろ考えさせられるお話です。

さて、話はがらっと変わって今回はイタメシ屋さんです。(今はイタリアンといいますね。)

東武東上線「下赤塚」駅 南口より徒歩約5分。もしくは東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚」駅4番出口より徒歩約2分。

11:30AMのOPEN前にはよく何人か人が待っている、イタリアン食堂 iL-CHIANTI(イル・キャンティ)。

私は以前(10年位前まで)は笹塚のお店に行っていましたが、下赤塚店(でも住所は練馬区田柄です)で食べたカリブのサラダは笹塚店と一緒で、これ、これ、と嬉しかった事を覚えています。キャンティのイタリアンシーフード料理やPESCEVINO(ペッシェヴィーノ)というお魚の形のワインボトル(ドレッシング入り)から、LE GRANDBLEU(グラン・ブルー)やPOINT BREAK(ハートブルー)という映画のワンシーンを時々回想します。そして昔のバブル期の空気感と当時の日本や海外の海の潮風の空気感を思い出します。あぁ、懐かしい。

今の時代の空気感はどんな空気感なのでしょう?数年経ったらまた感じられるのかな?

『空気』って、色々な意味で不思議な言葉ですね。

ページトップへ