スタッフブログ

2018年06月14日 木曜日Caroline

今回は洋菓子屋さんです。私の知る限りですが、東武東上線『下赤塚』駅周辺では洋菓子屋さんがなかったので、練馬区の春日町~光が丘方面にある、Patisserie Caroline(パティスリー キャロリーヌ)というお店を紹介します。

都営大江戸線『春日町』駅より光が丘方面へ徒歩約10分。ここは車や自転車でアクセスするかたも多いです。(注:車の場合、お店の契約駐車場がありますので予めお店に御確認くださいね。)

ケーキや焼菓子、パンも売っていて美味しいです。全商品テイクアウトのみで、ちょっとした御挨拶やお礼等に使える焼菓子の小さいパッケージ商品もあって時々私も使わせていただいています。先月は仕事をお休みしてしまい、そのお詫びにも使わせていただきました。

じつは、私事なのですが、5月は病気で小腸の一部を切除する手術をして入院していました。

色々ありましたが、辛かったけれど、それでも日に日に体が治ろうとしているのを感じながら、術後の明け方、よく病院の談話室の窓際で西新宿の高層ビル群とその空を飛んでいる鳥たち(カラスかな?)を眺めながら、北野 武さんの著書の「鳥が空を飛べるのは、何かの法則に従ったからではない」という文章と共に、ヒトの脳も体も不思議だけれどトリの脳と体も不思議でよくできているよなぁ・・・などと思いに耽っていた事が何故だか今でもふと脳裡をかすめます。

そして、退院した頃には、街はいつのまにかあちこちに紫陽花が咲いていて何故だか今まで見たなかでとても鮮やかに感じましたよ。

そして、今回は、おも~い〆です。

今回の入院で、自分の体を改めて見つめる事が出来、いつか必ずやってくる、肉体と魂がはがれる最後の時まで自分はこの世でどう生きるのか、どう生きたいのか、普段なにげなく冗談まじりに家族ときちんと話し合えるか、果たして今だ家にあって真っ白なエンディングノートをきちんと書き残せるのか(まだ大丈夫よね、と思って書けないのです)、色々考える事ができた5月でした。

【新しい道徳「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか】 北野 武著 (幻冬舎) より引用

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ