スタッフブログ

2018年01月04日 木曜日赤塚山 乗蓮寺

2018年になりましたね!皆様は初詣に参拝されましたか?今回は『乗蓮寺』を紹介します。

東武東上線「下赤塚」駅北口を出て赤塚中央通りを板橋区三園方面にとにかくまっすぐ、てくてく歩くこと約20分。<※注:途中アップダウンがあります。>左手に東京大仏で有名な『乗蓮寺』があります。

普段は緑の多い住宅街に囲まれた環境ですが、大晦日からお正月は人で賑わいます。

※注1:この期間は車のアクセスは控えた方がいいです。

※注2:開門時間、閉門時間を確認してお出かけください。

『乗蓮寺』は、東京大仏をはじめ、天保飢饉供養塔や奪衣婆像、がまんの鬼像、お墓では、冒険家 植村直己さんのお墓等があります。あと、入口右手には閻魔堂の閻魔様がいます。(添付写真画像です。)

小さい頃、寝る前に母から閻魔様や地獄の話をされて眠れなかった事が今でも忘れられないのですが、大人になって自分に子供ができてから、倫理観というものについて考えさせられるので、私のお気に入りスポットの一つになっています。

私は子供が3~6歳頃に昼間、「地獄のそうべえ」という絵本を一緒に読んで、この『乗蓮寺』へお散歩に行ったりしていました。<お子さんによっては疲れてしまうかもしれませんのでご注意くださいね。>この閻魔様はガラス越しにあって、ガラスに自分の姿が映って見えます。いつも自問自答されているみたいで、いつも子供に諭しながらも、自分はどうだろう?と考えさせられました。子供が大きくなった現在もいろいろ考えさせられます。

余談ですが、先日、「オリエント急行殺人事件」という映画を観たのですが、観た後に、閻魔様だったらどう裁くのかしら?・・・おっと、閻魔様って英語話せるのかな?などと考えてしまいました。アガサ・クリスティさんの小説って深いですよね・・・。

もう一度、今度は小説で「オリエント急行殺人事件」を読んで考えてみようと思います・・・。

あらら・・・、また話がそれてしまいました。すみません。

 

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

板橋区、練馬区を中心に不動産のご相談がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

・・・板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ