スタッフブログ

2014年07月12日 土曜日夏休みの自由研究

あと1週間もせずに夏休みを迎える小学校も多いのではないでしょうか?

最近の小学校の宿題は、読書感想文、朝顔の観察など昔からの定番に加えて夏休み用ドリルのような物もあったりします。が!昔と最近の大きな違いといえば自由研究の宿題ではないでしょうか。

昔からありましたよね、自由研究。

ただ昔の自由研究といえば牛乳やヤクルトの空きパックを使った工作のような物を作ったり、絵を書いてくる子もいたりと子供ながらに面倒だなと感じながらも、その程度のことだったように思います。

では、今時の自由研究は?。。。。

大手スーパーでは難易度の低いものから高いものまでレベルに合わせた様々な自由研究キットを販売していますし、書店にはこの時期【夏休み自由研究本】も、たくさん並んでいます。学校によってはそのようなキットは禁止しているところもあります。

では、押し花とか~、、、子供一人で出来る事って限られているとは思うのですが、夏休み明けの

学校に並ぶ自由研究の数々といえば、どう考えても子供だけでは無理でしょう!?と思えるレベルの

大作・力作の工作やら大判模造紙を利用し旅行先の歴史やら観光地を紹介したもの等様々であります。

その中から選出されたりすれば展覧会に出されたりするので、親の頑張りがモノをいっている感を

否めないのは私だけでしょうか、、、、

かくいう私もさすがに夏休み明け息子の半分壊れかけたようなよくわからない工作がポツーンと

並んでいる姿を考えると何か考えないといけないなぁ~と思うのでありました。

以上本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

 

ページトップへ