スタッフブログ

2013年03月03日 日曜日ひなまつり

3月3日 今日はひな祭りですね~!!

簡単にひな祭りの由来とは。。。

ひな祭り=桃の節句の起源は、平安時代までさかのぼります。昔の日本には五つの節句がありました。この節句という行事が、貴族の間では季節の節目の身の汚れを祓う大切なものでした。

人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう) → 9月9日「菊の節句」
(※「菊の節句」は現在はなくなっています)

上の日にちからもわかるように、「上巳の節句」が、現在の「ひな祭り(桃の節句)」になっています。平安時代、上巳の節句の日は薬草を摘んで、その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願いました。
 

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持っていかれないよう、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。人形(ひとがた)とは、身代わりという意味。この風習は、自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へと発展し、今も残っています。

日本に生まれてきたのですから、日本の伝統行事を未来に受け継ぐ意味でも、女の子のいらっしゃるご家庭では、何かしらお飾りをしてお祝いしてあげられると良いなと思います。

それに、雛人形ってとっても美しいですよね、数年前に沖縄に住む妹から伊勢丹で雛人形を買いたいから

実物を見て欲しいと言われた時、どの雛人形も繊細で艶やかで本当に素敵でした。

主人、私共に一番素敵!!のお人形が一致したので、そちらを沖縄に送りましたが、羨ましかったです。

5月の兜も、強く、たくましく、カッコ良いけれど、テンションは雛人形の方が、、、、、なんて言うと息子に

怒られそうですが、何はともあれ女の子の健康をお祝いして、記憶に残る素敵なお祝いをしてあげられると

いいですね。

以上、本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした

ページトップへ