スタッフブログ

2011年05月17日 火曜日変な生き物展

変な形・生態・名前など、少し変わった動植物を紹介する企画展

「変な生き物展」

板橋区立熱帯環境植物館で開催されています☆

流氷の妖精とも呼ばれ、体長2~3センチメートルの小さな体で羽ばたくように泳ぐ

殻のない変な貝「クリオネ」の展示をはじめ、

体の外にエラが飛び出した「ウーパールーパー」、

雑食性でドクターフィッシュの通称で知られている

人の角質などを食べる「ガラ・ルファ」。

また、水を吹いて虫を撃ち落として食べる「テッポウウオ」や、

虫を捕らえて栄養にする食虫植物「ウツボカズラ」など、

“変わり物”が見れるそうです(*^o^*)

お子さん連れで行ったら楽しめるのではないかと思います♪

展示は5月22日までなので、

週末に行ってみてはいかがでしょうか(o^o^o)

…以上、本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ