スタッフブログ

2011年03月29日 火曜日清水山憩いの森

この花、何の花かわかりますか?

昔、日本では落葉広葉樹林のある各地で広く見られた

『カタクリ』の花です(^^)

昭和49年6月、白子川流域の斜面林に

当時多摩地方で保護がさけばれていた

『カタクリ』が自生しているという情報が練馬区に寄せられ、

翌年3月にカタクリがたくさん残っていることが確認されたそうです。

近年では、乱獲や盗掘、土地開発などによる

生育地の減少によって数が減っているそうですが

この貴重な自然を末永く保存するため

昭和51年に「清水山憩いの森」として整備され

その後練馬区で管理しているんですって(^^)

これほど貴重な花が都内で見れるなんてステキですね☆

…以上、本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ