スタッフブログ

2011年03月28日 月曜日お魚ポスト

首都圏を流れる多摩川で外来種の放流行為を防ごうと

飼育放棄された魚を引き取る水槽「おさかなポスト」に、

東日本大震災後、飼育できなくなったとして捨てられる

“被災魚”が殺到しているそうです。

届いた魚は震災から2週間で4千匹を超えるんですって!!

鯉を飼っていた池が壊れて飼えなくなってしまったり、

計画停電で水槽のヒーターが止まるため熱帯魚が飼えなくなる

など、理由は様々なようですが。。。

おさかなポストに届く魚は年平均1万匹位だそうですが、

4千匹と言うと、その半分近くが届いたことになりますよね。

震災でどうしても飼えない状況は仕方の無いことですが

便乗して飼育放棄での利用が無いと良いですよね(^^;)

 …以上、本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ