スタッフブログ

2010年11月08日 月曜日使えなくなったものは…

この画像の時計、何で出来ていると思いますか?

なんと、よれよれになって使えなくなったお札で出来ているそうです!!

日本銀行広報課によれば、

「傷んだり汚れたりして流通に適さなくなったお札は、日本銀行の本店や支店内で選別され、細かく裁断されます。その量は年間で約3000トンにものぼります」とのこと。

年間約3000トンってすごい量ですよね(・・;)

裁断されたお札は約半分程度がリサイクルされ、

残りは一般廃棄物として、各地方自治体の焼却施設で処分されるそうです。

リサイクル利用として多いのは、住宅用外壁材で、

その他はトイレットペーパー、固形燃料、貯金箱、事務用品などにも利用されているんですって(^^)

材料がお金という点を生かしたユニーク商品もたくさんあって、

「Time is Money(時は金なり)」と名づけられた時計や、

「だるマネー」というだるま型の縁起物貯金箱があるそうです☆

廃棄処分になってるあと半分のお札も、

もっともっと色々な形でリサイクルができるといいですよね☆

 …以上、本日の板橋区不動産屋さんのつぶやきでした。

ページトップへ